クリプタンWEB②メールアドレスを指定して暗号化

クリプタンでは、暗号化する際にファイルの受信者のメールアドレスを指定するだけで、その受信者だけが復号できる暗号化ファイルを作成することができます。この暗号化ファイルは他の人には復号できないため、どのような方法で受信者に送っても安全です。

※初期設定時にクリプタンに登録されたメールアドレスの情報は暗号化ファイルには含まれません。クリプタンに登録されたメールアドレスは、そのメールアドレス宛に暗号化されたファイルを復号する際に利用されます。

メールアドレスを指定して暗号化

クリプタンは、メールアドレスを指定するだけで、パスワード不要でファイルを暗号化することができます。メールアドレスは、ひとつだけ指定することはもちろん、複数のメールアドレスを指定したり、メールアドレスをひとまとめにした「グループ」を選択して暗号化することもできます。

メイン画面で「暗号化」ボタンをクリックします。

メールアドレスを登録

まずは暗号化してファイルを送りたい宛先(メールアドレス)を登録します。

複数のメールアドレスをまとめた「グループ」を設定し、そのグループ宛で暗号化ファイルを作成する機能もあります。グループを使用すると以下のようなメリットがあります。

  • 複数メールアドレス宛の暗号化ファイルを作成する度に、メールアドレスを入力、選択する必要がなくなる。
  • グループに新たに追加されたメールアドレスでも、それ以前に、そのグループ宛に暗号化されたファイルを復号することができる。
  • グループから除かれたメールアドレスでは、それ以降に、そのグループ宛に暗号化されたファイルを復号することができなくなる。(すでに復号されたファイルは開くことができます)

「メールアドレスを追加」ボタンを押します。

登録したい「メールアドレス」と、「メモ」を入力します。「メモ」は、メールアドレスの宛名など、ユーザーが識別するための情報をクリプタン上に表示するためだけに使用します。暗号化ファイルの作成には影響しません。

メールアドレス宛ての暗号化ファイルを作成する

メールアドレスを指定するだけで、パスワード不要で暗号化ファイルを作成することができます。作成された暗号化ファイルは、メールに添付したり、クラウドサーバーに保存するなど、手段を選ばずに安全に共有することができます。

ファイルを共有したい相手のメールアドレスにチェックをつけたら、「次へ」ボタンを押してください。

暗号化したいファイルまたはフォルダをウィンドウにドラッグ&ドロップしてください。

Tips 暗号化したいファイルは複数選択が可能です。フォルダ階層を保持したまま暗号化します。

ファイルは、パスワードを設定することなく暗号化されます。

初めてp4cファイルを受け取る方に暗号化ファイルをメールで送信する際には、以下のテキストを含めると便利です。

本メールに添付された「p4cファイル」は暗号化ファイルです。
復号には下記URLの「クリプタンかんたん復号」サイトをご利用ください。

■「クリプタンかんたん復号」サイト
https://easy.cryptan.jp/decrypt

復号に使用するメールアドレスには、本メールの宛先としたアドレスを設定しています。
「クリプタンかんたん復号」サイトでは、上記アドレスのうち、復号される方のアドレスをご入力ください。

復号できなかった場合は、以下のヘルプページをご参照ください。
https://cryptan.jp/help/

また、セキュリティポリシー等の都合で「クリプタンかんたん復号」サイトを使用できない場合は、その旨ご連絡ください。

複数の宛先と共有する場合に便利なメールアドレス指定方法

クリプタンでは、復号できるメールアドレスを一度に複数指定して暗号化ファイルを作成する便利な使い方があります。

メールアドレスを複数指定する

メールアドレス選択画面で、複数のメールアドレスにチェックを付けて「次へ」ボタンを押し、ファイルまたはフォルダを暗号化します。

この方法で作成された暗号化ファイルは、選択されたすべてのメールアドレスの持ち主が復号できます。(選択されたメールアドレスの持ち主以外は復号できません)

※複数のメールアドレスを指定した場合は、秘密鍵は弊社サーバーに保管されます。詳細はセキュリティページでご確認ください。

 

ドメインだけ指定して暗号化ファイルを作成する

メールアドレスの「@」以下の部分、つまり「ドメイン」だけを指定して暗号化ファイルを作成することができます。

この例では、@マーク以下「@passlogy.com」だけを登録しています。この方法で作成された暗号化ファイルは、そのドメインのメールアドレスの持ち主だけが復号できます。
例えば、特定の会社のドメインを指定すれば、その会社のメールアドレスの持ち主だけが復号できる暗号化ファイルを作成することができます。
「@gmail.com」や「@yahoo.co.jp」といったウェブメールサービス共通のドメインを指定した場合、そのウェブメールサービス利用者全員が復号できるようになってしまいますので、ご注意ください。